ホーム > 仕事 > 低コストでも対策は可能だという件

低コストでも対策は可能だという件

低コストでもワキガの対策は可能だという件についての話です。ワキガの対策には必ずしもお金が必要というわけではありません。工夫次第で殆どコストをかけずに対策する事ができるのです、ここでは、毎日の入るお風呂で出来るワキガ対策を書いていきます。その対策というのは湯にお酢を入れる点です。

酢に含まれるクエン酸がワキガの原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれ、ワキガの嫌な臭いを和らげてくれるのです。古来より消臭剤の原料として使われてきたミョウバンも有効で、何よりどちらも、食品売り場で手軽に手に入れられるのが魅力的です。出費を抑えたい方や、なんとか手元にあるもので対策したい方にお勧めです。

ただし、お酢を入れた湯は当然ながらお酢の匂いに包まれてしまい、シャワーでしっかりと洗い流さないと体に酢の臭いが残ってしまいます。一方ミョウバンは無臭で、その心配はありませんが、ちょっと肌が突っ張ったり、痒くなってしまう場合があります。個人差はありますが、どちらも量には気を付けた方が良いでしょう。

この2つでひとまずのワキガ対策はできますが、それでも体臭が消えない場合は市販のワキガクリームなどに切り替えると良いでしょう。

薬用デオラボクリームを利用しています